「やっほ〜♬ 怖いえいが、見ようぜ〜♬」ジェーン・ドウの解剖 The Autopsy of Jane Doe   監督 アンドレ・ウーヴレダル(英語版) 脚本 イアン・ゴールドバーグ リチャード・ナイン 製作 フレッド・バーガー エリック・ガルシア ベン・ピュー ロリー・エイトキン

スポンサーリンク
やっほ〜♬ 怖いえいが、見ようぜ〜♬

ちょっと、ちょっと、ちょっと〜!! 

シャレんなんない怖さやないですか〜((((;゚Д゚)))))))!! 

見ようぜ〜♬なんて、言えね〜!! 

いや、ある意味、鉄板なホラー展開なんですがね。

手法としては、ハウスものっつうか、建物の中だけで展開するバカ怖いストーリーなんですよ。

でもね、マジ怖い! 

アメリカ人、ゾンビが大好きで、何かっつうと死者がよみがえって、ぐわ〜っ!!とかね。

いやいや、このえいがは、ちょ〜っと違います。

謎が謎を呼び、結局は、その謎が、うやむやうやむや〜!

それ言っちゃおしまいなので、言いませんけどね!! 

でも、怖かったのは確かなんですよ。

見ようぜ〜♬のノリで見始めて、しまいには皆さん、ガチで沈黙、となること請け合い。

解剖医の父と息子が、ご自宅兼解剖室(やめれ〜!!)でストーリーが展開するから、

グロいけどスプラッタじゃないんよ。

そこもいい!! 

サリーさんは、ジュバッ! グシュッ! ドビュッ!!は、あまり好きくないです。

CSI?・シリーズ見てる気分ね。

出来の良い短編恐怖小説を読み終えたような、ゾクゾク爽やか感がええなぁ!! 

これは、”怖い”が好きやないと、無理かもしれまへんで! 

でも、オススメです!! 

ぜひ、見て、”眠れねぇ〜っ!”と叫んでくださいまし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました