「possession」(ポゼッション)  監督:オーレ・ボールネダル

スポンサーリンク
やっほ〜♬ 怖いえいが、見ようぜ〜♬

きゃ〜〜〜!!!

もう、マジ怖い!! 

あのサム・ライミ監督がプロデュースしちゃってるよ〜!! 

シンプルに言っちゃうと、まあ、悪霊が出て来て年頃の少女に憑り依いて、んで、被害者がばんばん! 

なんだけど! 

なんというか、さすがのカメラ・ワークというか、軽く見ないでね、ほんと、深ぁく、すみずみまで見てね。

監督さんは、あんまり聞いたことない名前だけど、なんつっても、サム・ライミ! スパイダーマンを大ヒットさせた男ですよ! 

アクション映画の人のように思ってる人多かったんじゃないかなっと。

しかぁし!!! 

例えば、次あたりの紹介しようかなっと思ってるギレルモ・デルトロ監督のクリムゾン・ピークとか、

シャマランのビジットとか、

ホラーばっかし撮ってきた監督とは、なんだか違うよね感が、いい!! 

もう、文句なしのGOoooooood!!! 

ホラーって言いたくない、「怖い映画」と言いたい! はい、マジこわいです。

一人で見ちゃいけないよ、坊ちゃん、お嬢ちゃん、この映画は昼間もこわくなるポイントがわっさ入っとるんや!! 

実話が下地になってるってのは、今までけっこう、あったわけで。

まあ、サリーさんにとっては、「実話ですか、ほぅ」なんですよ。実話だろうが、なんだろうが、えいがの出来が悪けりゃ、台無しですわ! 

「私は、ホラーが好きだ」とサム・ライミ監督が常日頃から、おっしゃっていたとか。

やってみたいなぁ、撮ってみたいなぁでできちゃったえいがにしては、出木杉くんやろぉ!!! 

てなわけで、諸君! 衝撃のラストに目を疑うがよい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました